Let Me Help You.

カナダから今日は。
 
英語エッセイ能力は、留学生だけでなく、日本の受験生にも必要な能力となりましたね。 大学入試も変わりつつあり、英語エッセイの重みが増している日本です。
 
1994年以来、カナダに来る留学生にエッセイ指導を行った目で眺めると、大きな時代の移り変わりを感じてしまいます。
 
英語エッセイには日本語思考にはないクリティカル・シンキングが必須です。 論理的かつ具体的な考えを英語で書いていくこと、これが英語のエッセイです。 またエッセイ能力に欠かせないのが、自分の観察・経験からの想像力と創造力です。 塾で何時間、フレーズや語彙を教わってもエッセイは書けません。 自分の考えをどう組み立てていくかの過程を学ぶことが大切です。
 
たくさんの日本人をを英語エッセイの達人に仕上げた指導法を、ぜひお試し下さい。 ご相談、お問い合わせはこちらから。

カナダ留学専門家・クリティカル・シンキング指導者 / Super World Club代表

大澤 眞知子

Hi, I’m Robert.

I have been teaching essay writing, critical thinking and coding to Japanese students for nearly 30 years.
 
During that whole time, I have been concerned about the lack of focus on critical thinking in Japanese schools, and I have seen the negative effect this has had on young Japanese minds.

 

Now, back in my native country Canada, I have been studying A.I. and developing an online course in English essay writing. Critical thinking starts with ideas and a sense of wonder. Essay writing is a great way to pickup such skills!

 

I invite you to join me on a journey to rewire your brain – for the good, of course.

Robert McMillan

previous arrow
next arrow
Slider

STUDY in CANADA

カナダの高校卒業というチャレンジ

◆卒業資格と進学に必要な単位を取る難しさ◆

 「みんな卒業していますよ」「日本の高校の単位も移せますよ」という話をそのまま信じて海を渡った日本の高校生。 現実の厳しさに直面したものの、どこにどう動けばいいのかわからず、日本に帰っても中卒のまま。そんな日本の若者たちへの応援です。

 1994年以来、日本からの優秀な高校生・大学生が、カナダの進化する教育制度の恩恵を受けるようサポートして来ました。フルサポートプログラムからは引退した今、カナダで迷う日本人高校生の力になりたいと声をあげています。

 金儲け主義のエージェントの甘言に乗り、あなたの授業料目当てに受け入れただけのカナダ側。カナダ在住「黙ってないうるさい日本人」として「日本の高校生をもっと大切にしなさい!」活動も始めました。

 18歳を過ぎても卒業単位の取れない日本人留学生への助言

 

 

同級生が卒業していく中で自分だけが取り残されない方法高校を卒業できない留学生への選択肢カナダの開かれた教育制度を最大利用

 

Continuing Education というカナダの制度を利用し、特定のカレッジ・地域のLearning Centreにて足りない単位を取得する道

 

卒業出来ない日本人留学生にとって一番の難関English12を好成績で終了するための方法

 

卒業単位を無事に取得後はカレッジのAssociate Degreeを取り、自信を持って日本に帰ろう

 

特にコンピューターサイエンス、A.I.分野で世界の先端を行くカナダで取るDegreeは貴重

 

日本の若者なら出来るはず

 

「よし!自分の事だ!」と思ったらご相談下さい。

 

相談は無料です。 あなたの「成功する留学」をLeadしますよ。

Let Me Help You.

 

 ご相談は

【お問い合わせ】フォームか、直接メールで。。

 

Come Join Us in Canada!

→アカデミックサポートが必要な高校生へのプログラム←

 

 

留学中のアカデミックサポート

 

提供するサポートはアカデミックサポートのみとなります。

 (ホームステイアレンジ、滞在中の生活面のサポートは、行っておりませんのでご了承下さい。)

高校在学生へのアカデミックサポートは主に英語に集中する課目(English, Social Studies)などとなります。

 

1.9月〜1月 or/and 2月〜6月( 一回/週アカデミックサポート

  2時間のHangoutでのサポートと、それに続く宿題内容などへのアドバイス。

  費用:カナダ・ドル$2,100(1学期)

自由に時間を相談するAcademic Supportチケット制は一旦休止しております。

 

お支払い方法は下記からお選び下さい。

1.カナダの銀行への送金(子供さんのカナダ銀行口座からですと簡単に送金出来ます。)

2.PayPalで送金

3.日本の銀行への送金(この場合は、キャッシュレートを適用させていただきます)

【留学準備特別コース カナダクラブ】

 

日本から受講中の生徒は下記から選択し受講出来ます。

すべてを受講することも可能です。

 

1. Big Hisotry Project

2. Computer Language

3. Special Writing

4. Fundamentals of Neuroscience

現在すでに留学中の受講生は、主にEssay Writing 指導を行いますが、上記内容も希望することが出来ます。

 

留学時期、現在の能力などにより、ご相談させていただきます。

まずはお問い合わせ下さい。

CANADA CLUB

◆◆ 1.今治教室から継続して受講する生徒向け ◆◆

【Big History Project, Computer Science 及びその準備の授業を行います】

スケジュールは[毎週日本時間火曜〜土曜はGoogle Doc を使い指導。一週間に一度Hangout授業2時間。]

この中で可能な時間帯に参加して下さい。

今治教室から継続して受講する生徒の費用は直接お問い合せ下さい。

 

◆◆2.Big History 受講希望者及び留学準備としての一般生向け◆◆

留学目的、個々のレベルに合わせてスケジュールし、レッスン用特別ウェブサイト、Google Doc などを組み合わせて行います。

英語の基本レッスンコースではありませんのでご了承下さい。

期間: One Session 単位で受講していただきます。

    (One Session = 16 weeks)

受講料: ¥118,000

ABOUT US

 

代表: 大澤眞知子

 

経歴

言語音声学の学位取得後アメリカの雑誌タイム誌勤務。実践のビジネス英語と日本の英語教育との落差に愕然とし英語教育界へ。個人教室として基盤確立後、法人Super World Clubを設立。 バンクーバーでも法人化、日本人留学生をビジネス現場に送り込んだ。 その実績に学問的裏付けをと、カナダの大学に復帰。脳・言語・発達心理学研究、また教育の累乗変化に対応、Coursera, edXなどから世界有名大学のコース終了。

 

1978年~1994年

英語教室開始

生徒が驚く教授法を続々と繰り出し人気の教室に。独自ホームステイプログラムも始める。

1994年~2003年

Super World Club 設立

カナダ人パートナーRobert McMillanの参加を機に法人化。 数学の専門家であるパートナーの能力が新たな教授法にむすびつく。 多才なパートナーは作家でもあり、その才能を生かし生徒に高レベルなwriting指導を開始。

バンクーバーでも法人化。独自の留学サポートプログラム設立。

2004年~2011年

再び学生に

英語教育現役の傍ら、自身でも勉学に復帰。経験から生まれた英語教育、子供の教育における仮説を証明するために、カナダの大学へ。

そんな新たな環境を生かし、コンピュータープログラムとしての英語教材開発にも乗り出す。

2012年

Coursera, edX

教育、ITのすさまじい変化に自ら対応するため、MOOC のCoursera, edXより世界の有名大学の最新コースを多数終了。

2014年には Harvard 大学のシリーズ Fundamentals of Neuroscience 終了。

2016年

カナダに事務所開設、日本から冒険にやってくる高校生・大学生のサポートを開始。

「スーパーワールドクラブ」は法人格を廃止、個人の活動に専念することに。

アメリカ民主主義の崩壊と世界の秩序の乱れを危惧。日本の優秀な若者への最新オンラインレッスン開始。

2018年

「高校留学の裏」に心を痛め「カナダの高校卒業出来ない日本の高校生支援」プログラムに乗り出す。Robert McMillan は数学専門からA.I.専門家として活躍開始。

Essay Writing Online Program 開発。